耳の中 ニキビ

耳の中のニキビ

 ニキビといえば頬や顎、おでこ、フェイスライン、背中にできるものを思い浮かべやすいです。しかし、基本的に毛穴があればどこにでもニキビはできます。耳はニキビが比較的できやすくなる、皮脂の分泌が多い形状の複雑な器官です。赤く腫れ上がったり、イヤホンを装着しようとすると耳の穴に激痛がはしる、潰そうとすると出血するなど、耳の中にできるニキビはかなり厄介です。
若年層よりも大人がなりやすい耳の中のニキビは、ホルモンバランスの乱れや内蔵の疲れ、携帯電話やスマートフォン、音楽プレイヤーなどのイヤホンや補聴器の汚れ、耳かきや爪で耳の中を傷つけてしまうことなどにより起こります。寝具の汚れが原因になることもあります。比較的おこりやすい季節は夏です。

 

また、患部への刺激、甘い食べ物や脂っこい食べ物、香辛料などがふんだんに入ったカレーやコーヒーなどの刺激的な飲食物、整髪料やほこり、不規則な生活などで悪化しやすいので、これらを避ける必要があります。ビタミンA、B2、B6、C、Eを摂取したり、睡眠を十分にとったりするなどの対策のほか、特に耳のニキビの場合、髪が耳にかからないようにしたりするなどの対処が重要です。

 

 

予防策としては、寝具、特に枕カバーを清潔に保つ、耳掃除は耳かきでひっかかないようにやさしく行うようにする、シャンプーやボディソープのすすぎ残しがないようにする、イヤホンは除菌ティッシュか薄めた中性洗剤を含ませた布で拭いたあと水拭きをする、規則正しい生活やニキビになりづらい食べ物を選びきちんと食事を摂る、ストレスを溜めこまないようにするなどがあげられます。乾燥もニキビの原因の一つなので、保湿系ローションやエマルジョンなどを綿棒で耳の中に塗ることなども対策になります。
治療は市販品の治療薬を使うこともできますが、比較的治りにくいので、ひどくなる前に耳鼻咽喉科を受診すると早く治ります。健康保険が適用されます。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】