治らない 赤ニキビ

治らない赤ニキビ改善法!

赤ニキビの状態


赤ニキビ→芯が詰まっている+菌に感染

 

赤ニキビとは白ニキビや黒ニキビが炎症して膿んだ状態のニキビです。見た目は白ニキビに少し似てますが、周辺が赤く腫れあがっており。てっぺん白又は黄色い膿がみえます。

 

軽症の赤ニキビは表面が薄く潰れやすいですが、重症のものになると皮膚の内部にまで膿が溜まって皮膚が厚くなります。

 

赤ニキビが厄介なのは、毛穴に皮脂が詰まっていることと菌による感染を起こして炎症しているという2つの構造を持っていることです。ニキビというのは通常、皮脂の通り道(出口)である毛穴に汚れが詰まることでできます。

 

皮脂が過剰に分泌されることでスムーズに排出されず出口で詰まって毛穴を塞いでしまうのです。この出口を塞いでいる皮脂のことを「ニキビの芯」といいます。ニキビの芯さえ綺麗に取り除ければ毛穴に再び出口ができ、中の腐った皮脂が外に排出されるのでニキビは治ります。

 

赤ニキビの場合は、毛穴詰まりに加えて、皮膚内部で菌の感染を起こして炎症している状態です。赤くなっているのはアクネ菌やマラセチア菌などのニキビ原因菌に感染しているためです。菌の感染によって皮膚内部が炎症してテッペンが黄色になっています。

 

つまり芯の詰まり+菌に感染が赤ニキビの正体なのです。治療には詰まった芯を除去することに加えて、炎症を鎮めることも必要になってきます。

 

ニキビの芯を除去するのは素人では無理です。特に赤ニキビは痕が残りやすいので自分で無理にいじると痕になります。下手に毛穴をあけて皮脂を取り除くとそこがキズになってクレーターになるのです。

 

ニキビの芯の除去治療は必ず皮膚科で行ってください。
→皮膚科でコメドを除去する治療

 

薬や化粧水による治療は効果あるのか?

炎症を抑えるのに殺菌剤は逆効果

 

細菌感染によって炎症を起こしているなら殺菌作用のある薬や化粧水で菌を殺してしまえばよいと考えてしまいがちですが、殺菌剤は基本的にNGです。

 

皮膚にはアクネ菌以外にもたくさんの菌が存在します。その中に常在菌という菌が存在します。常在菌は人間の皮膚に住まわせてもらっているかわりに皮膚に様々な「貢献」をしています。いわば人間と共存関係にある菌なのです。

 

常在菌の一番の役割は皮膚の奥に入り込んでカビや酵母菌、雑菌、アクネ菌などから肌を守ることです。また、皮膚の垢や皮脂を食べて酸を排出することで肌は弱酸性に保たれます。

 

有害な菌はアルカリ性を好むので常在菌によって弱酸性に保たれている肌には近づけないし、毛穴の内部に侵入できないのです。

 

このような肌のバリア機能を担っている常在菌ですが、殺菌剤や防腐剤などの化学成分によって簡単に死んでしまいます。殺菌剤はたしかにアクネ菌や雑菌などの有害菌を殺す効果があるのですが、同時に肌に必要な常在菌までも殺してしまうのです。

 

常在菌が死ぬと肌は無防備な状態になり、雑菌から皮膚を守れなくなります。ニキビはすぐに感染を起こして炎症し、重症化します。添加物の多い化粧水や薬を使うと肌が炎症するのはそのためです。

 

殺菌作用のある化粧水・薬を使用するとかえってニキビを悪化させてしまうのです。

 

肌の自然治癒力を高める

赤ニキビを予防、完治するには肌の自然治癒力を高めることが一番です。ニキビの直接的な原因は毛穴の詰まりですが、そこから炎症し膿をもつまで成長するのは肌の抵抗力が落ちているからかもしれません。

 

人間が本来もっているトラブルを治す力(自然治癒力)がうまく働かなくなってしまうとできたてのニキビはすぐに炎症して重症化します。ニキビになりそうな肌の状態になったときにそれを内側から治そうとする力が、なんらかの原因でうまく発揮されていないのです。

 

ニキビを根本的に治す最大のポイントは自然治癒力の回復にあります。ニキビができる人は知らず知らずのうちにニキビのできやすい生活環境にいることが多いです。

 

ニキビを治してくれるのは薬や医者ではありません。本当に頑固なニキビを治したいのなら体の内側から治療していくことが大事です。

 

自然治癒力を低下させる要因

 

1.添加物の入った洗顔料、化粧水
「ニキビに効く有効成分」「殺菌作用」は即効性のあるようにみえますが、アルコールや合成界面活性剤、殺菌剤などが含まれており、かなり刺激が強いものが多いです。
炎症しているニキビに刺激はよろしくありません。

 

合成界面活性剤、アルコール、防腐剤、殺菌剤、合成ポルマーなどの添加物はニキビ肌に害です。肌のバリア機能を低下させたり、炎症を引き起こしたりします。

 

添加物の中でも特に合成界面活性剤はいけません。簡単にいうと台所洗剤と同じ成分です。石油を原料に作られ、洗浄力はかなり強いです。肌に必要な皮脂や水分を根こそぎ洗浄してしまうため、肌の自己回復力ががくんと低下します。

 

肌には元々「自ら保湿する力」が備わっていますが、強力な科学成分によってその力まで落ちます。すると肌は乾燥するので、雑菌や刺激から肌を守れなくなるのです。科学成分の多い洗顔料、化粧水、乳液、ローションは自然治癒力を大きく低下させます。

 

ニキビ肌には使用しない方がよいです。

 

2、血液の汚れ
西洋医学ではニキビは薬や治療など外から治すものとされていますが、漢方医学では「皮膚病は内側から治すもの」とされています。「万病一元、血液の汚れから生ず」とし、食べたものが血液となり、血液が肉となり皮膚となるのです。

 

血液が汚れると肌の抵抗力は落ち、ニキビは多発します。血液は60秒〜70秒で身体を一周し、体を構成する60兆個の細胞に送り届けています。

 

血液中に乳酸、ピルビン酸、尿素窒素などの老廃物が溜まるとそれが皮膚細胞に損傷を与えます。毛穴の皮脂を汚れた血液が刺激しニキビができるのです。

 

血液中の有毒物が溜まりに溜まってニキビができる感じです。ニキビは皮膚の排泄活動という言葉の通り、汚れた血液がニキビを生んでいるのです。

 

食べ物の質が血液に影響する

肉類、卵、牛乳、バター、マーガリン、マヨネーズに代表される欧米食の摂り過ぎは血液中に脂肪やタンパク質を増やして血液を汚します。
欧米食以外にも、加工食品、コンビニ弁当に含まれる添加物は体内で消化しきれずに老廃物として蓄積されます。
血液を綺麗に保つにはビタミン、食物繊維、ミネラルの豊富な日本食を摂ることです。日本食には血液を綺麗にする酵素、腸の洗浄にうってつけの繊維が豊富です。

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】