黒ニキビ 治らない

黒ニキビが治らない

ニキビには白ニキビや黒ニキビがあり、それぞれ症状が異なります。その症状に合わせて適切な処理をする必要がありますが、黒ニキビは目立ってしまいますし、なかなか治らないという話もあります。そこで、ここでは黒ニキビの原因とその対策についてお話をします。まず、黒ニキビの原因についてから説明します。人の肌には皮脂腺と呼ばれる部分があり、通常はその皮脂腺から皮脂が分泌されると毛穴から余分な皮脂が排出されています。

 

ところがこの排出が上手く行かずに、毛穴に角質や皮脂が詰まってしまってしまう事があります。これが原因でニキビとなっていくのですが、初期の軽い症状を白ニキビと言います。そして、この状態のまま放っておくと、毛穴に詰まった皮脂がさらに増える事によって表皮を押し出して毛穴が広がります。

 

毛穴が広がるとその部分の皮脂が空気に触れる事によって酸化します。皮脂が酸化すると黒くなるために、ぽつぽつと黒ずんで見えるようになり、これが黒ニキビです。皮脂の分泌量が多い部分が黒ニキビになりやすく、おでこや鼻に出来やすいです。続いて、もしも出来てしまった場合はどのように対処したら良いのかについてお話しします。毛穴に詰まった角質や皮脂が原因なので、自分の手でその詰まった角質や皮脂を押し出してしまうという手がありますが、これは絶対にやらない方が良いです。手で押し出して皮脂を出す事は出来るのですが、その部分に汚れが入りやすくなり、それが原因で返って炎症を起こしてしまったり症状を悪化させてしまう原因となるからです。

 

下手にいじってしまうと、ニキビ跡が残ってしまい、なかなか治らない場合も出てきます。黒ニキビを治すには、古い角質の除去、肌のターンオーバーの活性化、それに毛穴を引き締めて汚れなどが毛穴に入らないようにする事も大事です。それには洗顔と肌の保湿ケアが大切となります。洗顔と言っても思い切り擦ったりやりすぎるのは良くなく、丁寧に洗顔するのも大切です。正しい方法で清潔な状態を保っていれば、黒ニキビも治らないという事は無く、次第に治っていきます。

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】