こめかみニキビ 治らない

こめかみニキビが治らない

こめかみニキビができることがよくありあす。小さくて、細かいニキビです。しかし、こめかみニキビはなかなか治らないものです。おでこや眉間、鼻から顎にかけてのTゾーンのように皮脂の分泌が盛んな場所ではないにも関わらず、ニキビができます。この原因は髪の毛です。髪の毛は油分もたっぷりついていますし、ホコリも意外と付着しているものです。

 

ですから、汚い髪の毛がこめかみを刺激したり、毛穴に汚れがたまり、こめかみニキビができやすくなります。髪をおろしているかたは注意が必要です。なるべく、こめかみに髪がふれないヘアスタイルにすることをおすすめします。ワックスなどの油分が入ったものを髪につけたときはこめかみに触れないようにすることが大切です。また、シャンプーやリンスのすすぎ残しによる髪が肌にふれることも原因のひとつです。シャンプーには合成界面活性剤や香料やエタノールなどの防腐剤などの添加物がたくさん含まれています。

 

ですから、シャンプーやリンスのすすぎ残しには気をつけましょう。こめかみは、汗をかきやすいこともあり、常に清潔を保つことが大切です。また、ストレスが原因になることもあります。日頃から、ストレスをためないようにする工夫も大切です。朝の洗顔をするときは特に注意が必要となります。洗顔をして顔を水で洗い流すときは、無意識のうちに髪をぬらしたくないので、すすぎが甘くなり、洗いのこしが生じます。

 

そのことが原因で、汚れが付着したままの状態が続き、毛穴をつまらせることによりこめかみニキビができることもあります。そして、洗顔後は化粧水をたっぷり使って乾燥を防ぎしっかりと保湿することです。また、こめかみは汗をかきやすい場所です。汗をかいたら、そのままにせずハンカチなどで拭いて常に清潔な状態に保つことも大切です。できてしまったこめかみニキビはつぶしたりしないでください。常に肌を清潔な状態に保つことが大切です。

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】