お尻ニキビ 治らない

お尻にできたニキビが治らない

 ニキビというと顔のイメージが強いですが、意外に出来やすいのがお尻ニキビです。肌ケアの部分では余り意識しない部位なので、いつの間にか大きく痛みの伴ったしこりのある状態になっています。しかも数が多くなかなか治らないので、立つ座るの動作がとてもつらい思いをします。

 

お尻ニキビの原因ひとつには、体重がお尻一点にかかることです。長時間座ったいるとお尻は体重の圧力と摩擦によって、お尻の肌の角質が厚くなってきます。角質が厚くなってくると毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因菌アクネ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。その状態の上に、椅子や床と接触している部分は意外に汗をかきやすく、その汗を放置してしまうために蒸れて雑菌が繁殖しやすくなると発症してしまうのです。

 

またその他に、お尻の血行不良や衣類の繊維が刺激になっている、衣類の洗い残し、ホルモンバランスの乱れなどが原因と考えられています。

 

では、このなかなか治らないお尻ニキビの症状を改善するために、どう対処していくか考えてみましょう。お尻ニキビの原因は前述したとおり、幾通りかの状況からアクネ菌が増殖しやすい環境を作ってしまったことにあります。そこですべきは、まずお尻の環境を改善することです。長時間座ったままの状態は避け、こまめに動くことを心掛け、お尻に圧力をかけ過ぎないようにします。汗と蒸れを溜めないように、吸湿性の良い素材の衣類を選びます。

 

血行不良を起こさないように、締め付け過ぎない衣類にしたり、体を冷やさないようにします。洗い残しがないように、入浴の際はボディーソープで洗ったあとは念入りに洗い流し、衣類の洗濯は十分にすすぎを行います。下着が汚れた場合はこまめに替えるのも、清潔に保つ点で効果が高いです。どうしても仕事などで長時間座っていなければならない場合は、クッションを利用するなど圧迫を軽減されます。ホルモンバランスの乱れは、生活環境が影響します。食生活等の生活改善をすることもお尻ニキビのケア、予防につながるのです。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】