顔ニキビ 治らない

顔ニキビが治らない

  ニキビを治すために、スキンケアに注意しているにもかかわらず、なかなか顔ニキビが治らないという方は、生活習慣などを改善して、体の中から治療していくということも大切です。スキンケアも確かに大切なのですが、ホルモンバランスや免疫力を正しく調整するだけでも、顔ニキビはずい分と解消されます。

 

 20歳を過ぎて、いわゆる大人ニキビが顔にできる原因として、女性ホルモン(エストロゲン)が減少して、男性ホルモンが急激に増加することが原因となります。女性ホルモンが乱れる原因としては、生理や更年期障害などといったことが挙げられます。特に、排卵後から生理までの「黄体期」と呼ばれる期間に、もっとも大人ニキビができやすくなります。黄体期は、皮脂の分泌が活性化されますので、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるからです。

 

 一方、男性の場合の顔ニキビは、ストレスが原因でなかなか治らないというケースがあります。ストレスは副腎に伝わりやすく、「コンチゾール」と呼ばれるストレスホルモンや、「アンドロゲン」と呼ばれる男性ホルモンの分泌を活発にしてしまうためです。その結果、皮脂の分泌量が増加してしまい、顔に大人ニキビが増えてしまうというわけです。

 

 ニキビを根本的に治療するためには、生活習慣を正しく整えて、睡眠も十分に取り、なおかつ、ストレスをうまく発散させた上で、正しいスキンケアを行うということです。生理前の黄体期の大人ニキビに関しても、確かに肌はニキビができやすい環境下にあることは間違いないのですが、もともと生理による顔ニキビは、悪化をさせなければ、自然と落ち着いていくニキビとなります。
 顔ニキビの状態によっては、専門病院での治療をおすすめします。広範囲に赤く炎症を起している場合などには、早めに皮膚科を受診された方が有効でしょう。専門病院でのニキビケアを知ることは、日常のスキンケアを考える上でも有益です。なかなか顔ニキビが治らない方の場合には、検討されてみるのも、ニキビ治療の選択肢のひとつです。

 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】