色素沈着 薬

色素沈着を消す薬

紫外線を浴びたり加齢が原因で肌にできるものにシミがあります。その他にはニキビ跡ややけどの跡、傷跡などが黒く残ってしまう場合がありますが、これらを総称して色素沈着といいます。色素沈着のできる仕組みは、皮膚が何らかの外的刺激を受け続けることでメラニン細胞が増えて活性化され、その結果皮膚の真皮内にメラニン色素が蓄積されるということです。つまり色素沈着はメラニン色素の集まりともいえます。

 

サプリメントの服用やスキンケアで予防するには、ビタミンCの摂取やビタミンC誘導体が配合された化粧品などを使用することが有効ですが、一度できたしまったものには治療薬を使用しないとなかなか消すことができません。そこで今注目されている治療薬がハイドロキノンという外用薬です。ハイドロキノンとは一度できてしまった色素沈着を漂白することで、シミや傷跡などを消滅させる医薬品です。最近ではハイドロキノンを配合した化粧品も人気を集めています。ところで化粧品にハイドロキノンが配合されている場合は、成分量が微量ですので長期間使用し続けることで効果を発揮します。ちなみにハイドロキノンを少量配合された化粧品の場合は、軟膏や液状などのような医薬品ではありませんので効き目が穏やかな分副作用も少ないのが特徴です。

 

 

しかしより早く色素沈着を消してしまいたい場合には、やはり濃度の濃い医薬品を使用する方が効果的であるといえます。ところでハイドロキノンには漂白作用がありますので、使用する際には十分に注意する必要があります。ハイドロキノンはネット通販などで手に入れることが可能ですが、使用上の注意にしっかりと目を通したうえで使用することが大切です。例えば色素沈着以外の皮膚に付着してしまった場合や使用量を間違えると、肌に塗布した部分が白くなってしまい白斑になってしまいます。またハイドロキノンは光や熱に大変弱いので、日の当たらない所で冷蔵保存をするなどして効果が半減しないように注意しましょう。

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】