ニキビ 治らない 原因 理由

ニキビが治らない原因理由

キチンとケアをしているのにニキビがなかなか治らないという方は、スキンケアの方法に原因があったり、生活習慣に理由があったりすることがあります。ニキビが気になるからといって、1日に何度も洗顔をしたり、洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、ピーリングやパックをしたり、ニキビを潰したりするのはよくありません。

 

ニキビを治すためには、優しく刺激を与えないケアをするほうが効果的です。保湿をキチンとしてあげることもニキビを治すのには効果があります。間違ったスキンケアをしたり、刺激の強いコスメを使っていたりすると治るものも治らないので自分で原因を作ってしまわないように注意しましょう。ニキビには、睡眠不足やストレス、便秘や食生活なども関係しています。

 

生活習慣に理由があることも考えられますので、生活習慣を見直すことも大切です。ストレスを溜めるのはよくありませんので、なるべく溜めないように努力しましょう。油分の多い食事もよくありません。便秘をしたり、睡眠不足になったりすることも避けたほうが良いです。

 

規則正しく、健康的な生活習慣を心掛けることでニキビを改善していくことができます。また、肌に触れるものについては清潔に保つことが大切です。寝ている間は無防備になりますので、寝具は清潔に保つようにしましょう。洗顔後に使うタオルも清潔で柔らかいものを使い、肌に刺激を与えないようにしましょう。見逃しがちなのが手の衛生管理です。人間はついつい手であちこち触ってしまうものです。汚れた手で顔を触ったりすると、それが原因となってニキビが出来てしまうことがあります。手を清潔に保つことも大切です。

 

普段の生活の中で手をキレイにしておくことはもちろん、洗顔前に手を洗うことも大切です。手が汚れたままだと雑菌を肌に擦り付けていることになってしまうからです。手を洗って、清潔にしてから洗顔をすることはもちろん、メイクをするときなど様々な場面で手を清潔にすることは大切です。

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】