色素沈着 治らない

色素沈着が治らない

  ニキビとは皮膚の炎症性疾患です。顔面に出来るものが有名ですが、胸元や背中等にも出来やすいです。なぜならば、胸元や背中も皮脂の分泌が多い部分だからです。
 ニキビの始まりは、皮脂の過度な分泌等を原因とした毛穴の詰まりにあります。毛穴が詰まると、その内部で乾燥した皮脂や角質が蓄積されていきます。この状態が黒ニキビです。ニキビの表面が黒く酸化する事から、この呼び名が付いています。

 

 この詰まった毛穴の中でアクネ菌の増殖が起こると、今度は赤ニキビになります。患部が赤く腫れたり、毛穴内部に膿が溜まったりします。また、この溜まった膿は、毛穴を破って外に流れ出る事があります。そうなると炎症の範囲が広がるので、早めに対処する事が大切です。

 

 ニキビの治療方法としては、自分で治療する方法と皮膚科等で治療する方法があります。

 

 前者の自分で治療する方法としては、ドラッグストア等で販売されている市販の薬を使う方法が一般的です。肌を清潔に保って、市販薬を患部に塗って症状の改善を促します。他にもニキビを潰してしまうという方法もあります。ただし、この方法は初期のニキビに対してのみ有効な方法です。赤ニキビ等の場合には止めておいたほうが賢明です。また、正しい潰し方をしないと色素沈着等を起こす可能性があるので、充分な注意が必要です。

 

 自分で治療しても治らない場合や、症状がひどい場合等には皮膚科等で治療してもらうのが良いです。皮膚科等で行なわれる治療方法は、薬による治療が一般的です。炎症を鎮める働きのある薬や、殺菌作用のある薬等を患部に塗って治療します。それ以外にも場合によっては、ビタミン剤や抗生物質が処方される事もあります。

 

 ニキビは出来てからの治療も大切ですが、色素沈着等を防ぐためにも予防に力を入れる事も大切です。常に肌を清潔にして、通気性の良い下着等を着るようにすると良いです。こうした普段からの心掛けがニキビ予防には重要です。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】