クレーター 治らない

クレーターが治らない

 ニキビは治ったあともニキビ跡のケアをしっかり行なわないときれいな肌を取り戻すことは難しくなってしまいます。ニキビができた肌はダメージがありますのでそのあとが赤く残ってしまったり、クレーターになってしまう場合があります。クレーターは肌の奥深いところまで炎症が起きているときにも起こりやすいですし、勝手な判断でつぶしてしまったときにも発生しやすくなります。
そしてこうした症状が出てしまった場合は回復には時間がかかり、お手入れを頑張っていてもなかなか治らないこともあります。スキンケアや洗顔で回復させていくことは大事ですができるだけ早く改善したいという場合は医療機関にも相談してみましょう。

 

まず、きれいな肌を取り戻すにはターンオーバーの機能が正常に働いていることが大切ですが、ダメージを受けている肌はターンオーバーの機能も乱れがちです。
その結果肌の表面には古い角質が残ってしまい、新しい肌の再生が妨げられてしまいます。ターンオーバーを正常化させるのならピーリングも検討してみましょう。

 

家庭でもピーリング効果のある石鹸や化粧水で古い角質を取り除いていくことができますが、医療機関のケミカルピーリングならより高い効果があり、即効性を期待することができます。
この施術ではフルーツ酸などの特殊な酸が使われ、皮膚の表面の角質を溶かしやすくし、肌の新陳代謝を活発にしてくれます。
施術は高い効果が期待できますが、直後は肌もデリケートとなっていますので、丁寧なスキンケアも必要です。
そのほかではクレーターにはレーザー治療も効果を発揮してくれます。

 

肌を再生させるためには、コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分が役立ってくれますが、レーザーの照射を行なうと赤味が改善されるのはもちろん、コラーゲンの生成が促進されますので、より早くなめらかな肌を取り戻すことが期待できます。
一度の治療で完治するのではありませんが、繰り返し照射することできれいな肌に近づいていきます。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】