玉城ティナ ニキビ

玉城ティナとニキビ

玉城ティナさんはティーンの間で人気の高いファッションモデルであり、ハーフモデルとして知名度を高め、今ではテレビにも引っ張りだこになっている女の子です。玉城ティナさんは10代からモデルのお仕事を行うようになり、早朝から深夜までの生活習慣のバランスが崩れ、ニキビなどの肌荒れに悩むようになり「モデルとしてお仕事ができないのではないか?」と、悩むほど気持ちも落ち込んでいた時期がありましたが、現在は独自の美容法によってニキビなどの肌荒れもクリアになりキレイな素肌を手にしています。

 

玉城ティナさんが実践していた美容法の1つがアロエパックです。アロエには肌の新陳代謝を促して本来持つ素肌を内側から作り出し、ターンオーバーとともに古い角質が剥がれて内側からキメ肌が生まれる状態を作り出してくれます。もちろん、玉城ティナさんもファッションモデルとして外での撮影などで日焼けを気にされており、アロエには日焼けによる炎症を沈静化させる働きもあるため、季節に関係ない美容法になっています。自然治癒力を高めてくれるために玉城ティナさんのニキビ肌も劇的に改善でき、クリアな素肌を手にしています。

 

パックは、アロエ汁にレモン汁と小麦粉を入れて肌に塗り広げられるテクスチャーに仕上げて患部に塗るだけで良く、その後洗顔でキレイに洗い流すだけの美容法です。さらにアロエパックだけではなく、口を大きく動かして口角を上げる顔体操も実践されていて、ほうれい線を薄くでき、口角が上がるために見た目年齢を若く見せることができると玉城ティナさんは毎朝実践されています。

 

さらに肌にも健康にも配慮した食生活の改善も図るようになったと話しておられ、これまではファーストフードなどの多忙な時にも手軽な食事で済ませていた食事をモデル飯に変えることに努め、美容に良いバランスの取れた食べ合わせに気をつけるようになりました。例えば、野菜は10種類以上を摂取するなど、美容と健康に良い生活習慣に気をつけただけでキレイを手にされており、ティーンの間でも注目されています。

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】