インナードライ肌 ニキビ

インナードライ肌とニキビ

皮脂がたくさん分泌されているからといって脂性肌とは限りません。インナードライ肌という状態もあるからです。この状態は皮脂はテカるほど分泌されるのに、内側の肌はカラカラに乾いているという状態です。そのため、皮脂を洗顔などで念入りに落としてもテカリが改善せず、ニキビも出来やすくなってしまいます。

 

そのニキビも出来やすく治りにくく、繰り返しやすいという困った状態になります。インナードライ肌の方が脂性肌の方向けのケアをしてしまうと、症状をより悪化させてしまう恐れがあります。皮脂は人間の肌にとって大切なものです。ましてや、内側がカラカラに乾いている状態ですから、皮脂を取れば肌を守るために皮脂は更に過剰に分泌されます。

 

キメが荒くて毛穴が目立ったり、テカっているのにかさつきを感じたり、肌がごわついていたり、化粧ノリが悪かったり、スキンケアをキチンとしているのに乾燥するといった肌トラブルを抱えている方はインナードライ肌の可能性があります。インナードライ肌の場合には、しっかりと保湿をすることが必要です。既に肌のバリア機能が弱くなっている状態ですので、敏感肌用のスキンケアコスメがオススメです。余計な成分が入っていない敏感肌用のコスメを使って、肌を優しく労わってあげましょう。

 

洗顔をするときにも皮脂の取り過ぎは逆効果です。優しく正しい洗顔を行うようにしましょう。潤いはたっぷりと与えて、インナードライを解消するようにしましょう。既に皮脂は過剰になっていますので、油分については少なめのもので大丈夫です。化粧水でたっぷりの水分を補給したら、油分の少ない乳液やクリームを使ってフタをしてあげましょう。皮脂がたくさん出ているからといって、全く乳液やクリームを使わないのはよくありません。オイルフリーなどさっぱりと使える物で良いので、キチンとフタをするようにしましょう。紫外線対策もしっかりして、肌のバリア機能が低下しているインナードライ肌を守ってあげましょう。

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】