どくだみ茶 ニキビ

どくだみ茶を使ってニキビを治す

  ニキビとは皮膚の炎症性疾患の一種です。顔面や胸元、背中等といった皮脂が多く分泌される部分に発生します。
 この疾患には黒ニキビや赤ニキビといった種類があります。前者は毛穴が詰まって、その中で乾燥した皮脂や角質が蓄積されているものです。後者は、この皮脂や角質が蓄積した毛穴内で、アクネ菌という菌が増殖してしまったものです。赤く腫れたり、毛穴内で膿が溜まったりします。そして、この膿はひどくなると、毛穴を破って外へ流れ出てしまう場合があります。こうなると、炎症の範囲が広がってしまうので、早めに対処する事が大切です。

 

 ニキビの治療方法としては、自分で治療する方法や皮膚科で治療する方法等があります。自分で治療する方法としては、ドラッグストア等で購入出来る市販の薬を患部に塗ったり、小まめに肌を洗って清潔な状態を維持する等があります。しかし自分での治療となると、衛生面が万全とは言えなかったり、治療方法を誤ってしまう場合があります。そうした問題を無くすためにも、出来れば皮膚科を受診して治療を受けたほうが良いです。

 

 皮膚科によるニキビの治療は、薬を使った治療が一般的です。炎症を鎮める作用のある薬や、殺菌効果のある薬を患部に塗るという方法です。それ以外にもビタミン剤や抗生物質が処方される場合もあります。

 

 ニキビは出来てから治療をするのも大切ですが、予防に力を入れるのも良い方法です。具体的な予防方法としては、肌の通気性を良くして、常に清潔な状態を維持する事等があります。
 また、それ以外の方法としては、どくだみ茶を常飲するという方法もあります。どくだみ茶とは、どくだみという植物を煮出して作るお茶の事で、昔から健康に良いと有名です。どくだみ茶は様々な効能を持っていますが、中でもよく知られているのが、体内の毒素を排出する効果です。飲み続ける事で体内に溜まった毒素や老廃物を、体外へと排出してくれるのです。ニキビも体内に毒素が溜まっていると出来やすいです。そのため、どくだみ茶を飲み続けるとニキビの改善や予防といった効果が期待出来るのです。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】