ニキビ跡 テラコートリル

テラコートリルとニキビ跡

最近は市販でも販売されているテラコートリルですが、その主な効用は消炎作用です。皮膚科ではアトピー性皮膚炎で炎症のひどいとき、あるいは湿疹やかぶれのひどいときなどに処方されることが多いようです。

 

副腎皮質ホルモン剤、いわゆるステロイドのヒドロコルチゾンと抗生物質が配合されていることからも化膿や炎症を抑えますが、他のステロイド薬同様一般的には長期に使う薬ではなく、炎症が治まれば他の保湿剤などに切り替える様に指導されます。また、顔に塗るように処方されることからもステロイドの強さは下位であるため比較的安心して使用できます。

 

こういったことからも市販でこの薬を購入して顔あるいはその周辺にできるニキビに使用する方が出てくるようです。ニキビができる原因はホルモンのバランスや体調あるいはストレスなど様々ですしでき方も千差万別です。中には膿んでしまったり、気になって触っているうちに傷になってしまうこともあります。

 

こういった場合にテラコートリルを患部に塗ると炎症が治まり腫れも引いて赤みもとれてくることからニキビに効くと勘違いをしてしまいがちです。しかし、これらのことはあくまでもテラコートリルの消炎作用によるもので、決してニキビの薬ではないのです。ましてやニキビ跡を消してくれるということはありません。自然の皮膚の再生サイクルと自然治癒の相乗効果できれいになっていくのです。皮膚科ではあくまでも炎症が激しいニキビに対処してテラコートリルを処方するわけで、処方どおりこの使用に関しては炎症に対して一時的に使用するのがテラコートリルの一番適した使用方法です。

 

効果があるとはいえ薬には副作用もつきもの、長期使用はかえって乾燥を招いたり湿疹やかぶれを引き起こすこともあります。その使用は慎重かつ適正であるべきです。炎症も治まって治癒に向かったニキビにはまめに保湿を与えるなどの皮膚の保護を考えて対処することで跡を目立たなくするのがよいでしょう。

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】