おでこニキビ オロナイン

おでこニキビとオロナイン

 おでこニキビの原因は、肌の表面の雑菌によるものとされています。原因にはストレスや思春期のホルモンバランスの変化などで雑菌が肌の表面につき、そして繁殖することで表面に赤みや隆起をもたらします。これが、ニキビです。

 

オロナインは、もともとはアメリカの薬でしたが、昭和22年に大衆に向け販売されました。この薬の名前はアメリカの会社明から付けられたとされています。この薬は、高い殺菌消毒効果があるといわれており、医療現場でも手術の際の殺菌などに使用されています。一般家庭でも、誰もが名前を知っている薬であり、小さい子どもからお年寄りまで多くの人に支持をされている薬です。その効用は、皮膚の荒れ、手荒れやひび、あかぎれ、簡単な火傷などを治すことができる塗り薬です。多くの家庭に常備されていることでも有名です。

 

オロナインを塗ることは、おでこニキビの原因となる肌の雑菌の繁殖を防いでくれるという役割を果たします。オロナインの中に入っている有効成分が、高い殺菌性でニキビの原因となる菌に作用するからです。

 

塗る際の注意としてはオロナイン軟膏の有用成分を肌に浸透することができるようにしっかりと洗顔し、保湿しておくことが必要です。おでこニキビの患部を清潔にしておくことが重要ですから、手で触れずに綿棒などでしっかりと塗ることが必要です。このような薬は即効性はありませんから、継続的にケアをしていきます。
ただし、オロナイン軟膏には、ワセリンや脂質が含まれますからまれに合わない人もいます。肌荒れがひどくなったりした場合は、自己判断せずに医療機関に相談することが必要です。と同時に、ニキビを誘発する原因となるストレスやホルモンバランスについても日ごろから注意して過ごしていくようにします。
オロナイン軟膏は、低価格で、かつ家庭に常備されているものですから、このような薬がおでこニキビに効くことは、大変有用な情報であり、今後もニキビをしっかりケアするのに必要です。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】