黒ニキビ 芯

黒ニキビの芯の出し方

 黒ニキビは白ニキビと同じニキビの初期のものです。白ニキビは皮脂が溜まった状態ですが、その皮脂がどんどん溜まって皮膚の内側で角質化をして酸化し始めます。酸化が進むとアクネ菌が増え、毛穴から顔を出す状態となります。空気に触れると更に酸化が進み溜まった皮脂が黒くなってしまいます。この状態を黒ニキビと言います。黒ニキビの場合は、一般的に外用薬を使用して治療する方法と芯を取り出す方法があります。ただし、自分の爪で押し出したりピンセットでつまむやり方はおススメできません。自分でケアしたい場合は、洗顔やクレンジングなどをしっかりと行うことと同時に、蒸しタオルなどで毛穴を開いてピーリングを行う方法がオススメです。しばらくこの方法で試しても取れない場合は皮膚科などしかるべき場所で除去してもらうようにしましょう。

 

黒ニキビを爪などで潰して除去してしまった場合は、毛穴が閉じるように冷却して毛穴を引き締める必要があります。毛穴が空いたままになると菌が入り込みまたニキビを作る原因となります。また、しっかりと芯を取りきれていない場合は菌の侵入によって炎症を起こして赤く腫れ、赤ニキビとなってしまう場合があります。赤ニキビは痛みを伴い、酷くなると膿が溜まってしまうこともありますので注意が必要です。

 

黒ニキビの解消のために毛穴パックを使用する人がいますがこちらはおすすめできません。パックは協力な粘着力を持っており周りの皮膚を一緒に剥がしてしまいます。特にニキビ周辺は肌がデリケートになっているため、大きくはがれてしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

黒ニキビは正しいスキンケアを行っていれば芯を自然と取り除くことが可能です。強制的に指などで取り除く方法に比べると時間はかかりますが、再発を防ぐことができるため是非正しい洗顔方法をマスターしましょう。
洗顔料は洗浄力が強いので指で擦らず泡で洗うのが基本です。そのためにきめ細かい泡を作りやすいように洗顔ネットを使用すると良いでしょう。細かい泡で洗うと毛穴の汚れが浮いて取れるので、その後はしっかりと保湿を行い毛穴を引き締めましょう。 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】