顎ニキビ 膿 化膿

大人ニキビが膿んだ時

 思春期のニキビは、成長期で皮脂の分泌が活発になることによって起こります。
これは成長ホルモンが原因で、ホルモンが皮脂腺を刺激することで皮脂が過剰に分泌され、そのため毛穴が詰まりアクネ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうのです。
しかし、この成長ホルモンはだいたい20歳くらいまでには自然に落ち着いていき、それと同時にニキビもできなくなってきます。
ですから、思春期のニキビは成長期における一過性のもので、洗顔などで清潔に保てば治まってくるものがほとんどなのです。
一方、20歳を過ぎてから起こるいわゆる「大人ニキビ」は、思春期ニキビとは全く原因が違います。

 

しかも原因が1つではなく、たとえばストレスだったり、不規則な食生活、睡眠不足、肌に合わないスキンケア等様々なものが重なって起こるとされているのです。
こうした原因が重なると、生活リズムが乱れ、それが体にも変調を起こします。
その1つに、肌のリズムでもある約28日周期のターンオーバーが乱れ、大人ニキビを起こると考えられているのです。

 

肌のターンオーバーとは、古い角質が剥がれ新しい角質に変わる皮膚の生まれ変わりのことで、だいたい28日を周期に繰り返しています。
しかし、これが乱れると古い角質がいつまでも肌に残り、それが重なることで毛穴が詰まりニキビが発生してしまうといったワケなのです。
この大人ニキビの中でも、顎にできた顎ニキビはよく見られるものですが、これは非常に炎症を起こしやすく、そのため黄色い膿ができたりと症状が重くなりやすい特徴があります。
そのため、ニキビ跡やでこぼことしたクレーターになることも少なくなくないのです。

 

顎ニキビができやすい原因は、顎は鼻や頬に比べて汗腺が少ないため、乾燥を起こしやすいからと考えられています。
実は肌の乾燥は、ターンオーバーを乱す原因の1つと言われ、乾燥が起こることで水分不足な肌は代わりに皮脂を出すことで潤おうとするため、皮脂過剰となりニキビが発生するのです。
顎ニキビ対策としては、洗顔はもちろん大切ですが、同時にしっかりとした保湿が改善のカギとなります。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】