鼻ニキビ 膿 化膿

鼻ニキビの膿

 鼻はニキビがとても出来やすい場所です。毛穴が大きく汚れが詰まりやすいことが原因です。しかし、鼻ニキビの中でも膿が詰まって腫れてしまうニキビは注意が必要です。膿ができてしまうニキビは肌の奥深くに発生してしまうので、汚れたピンセットや爪の先で潰してしまうと感染症を起こす可能性が高くなってしまいます。そのため、鼻にニキビが出来てしまった場合は、赤く腫れるいわゆる赤ニキビにしないように注意する必要があるのです。

 

ニキビの初期は白くできます。そのまま治らないと溜まってしまった皮脂が酸化し黒いニキビに変化します。黒く酸化した皮脂をそのまま皮膚の中に残してしまうと、それが原因でさらに悪化して赤いニキビへと変化してしまうのです。赤いニキビは菌が繁殖して炎症している証拠ですので、抗生物質などを使用して綺麗に治すことが大切です。潰してしまうと跡にのこってしまうことがあるので注意しましょう。

 

赤ニキビが最も悪化してしまった状態が「めんちょう」です。これは特に注意が必要です。素人が潰してしまうと感染症を起こしてしまう恐れがあります。古い時代ではめんちょうで命を失う人もいたくらいですので注意しましょう。膿を持っている状態になってしまった場合は決して潰さないように注意しましょう。皮膚科など専門医に診てもらい適切な治療を行ってもらう必要があります。
ここまで悪化してしまうことはまれですが、そうならないように普段から肌を清潔に保つように心がけましょう。洗顔のし過ぎは肌の防御機能を落としてしまうので注意が必要です。

 

最近ではアクネ菌を抑える効果がある洗顔フォームや化粧水が市販されています。ニキビを未然に防ぐ効果があるほか、できてしまったニキビを悪化させないようにする鎮静効果もありますのでニキビが出来やすい人はうまく利用するのがおすすめです。また、食生活も深く関係しますので、油ものは控えめにしビタミン類を多く摂るなど工夫しましょう。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】