大人ニキビ 芯

大人ニキビの芯

  ニキビとは皮膚の炎症性疾患の一種です。主に顔面や胸元、背中等といった皮脂の分泌が多い部分に出来ます。
 ニキビはホルモンや皮脂、細菌がお互いに影響し合う事によって発生します。皮脂の過度な分泌等が原因となって毛穴が詰まると、その中で乾燥した皮脂や角質の蓄積が起こります。この状態が一般的に黒ニキビと呼ばれる状態です。この黒ニキビが進行すると、今度は赤ニキビになります。赤ニキビとは、詰まった毛穴の内部でアクネ菌が増殖している状態を言います。患部が赤く腫れたり、膿が溜まったりします。

 

 ニキビというと、思春期特有のものだと思っている人も多いですが、実は大人になっても出来る事があります。この大人になってから出来るニキビを、思春期のニキビと区別して、大人ニキビと呼びます。この大人ニキビには、思春期の時のものとは違ういくつかの特徴があります。

 

 まず一つ目として、出来る位置が異なる事があります。思春期のニキビは額や鼻に出来る事が多いものです。しかし大人ニキビの場合には、頬や口周り、フェイスラインに出来る事が多いです。
 二つ目の特徴としては、治りづらい事があります。また、一度治ったと思っても、しばらくすると再び出来るという場合もあります。
 もしも、これらの特徴に覚えがある場合には、大人ニキビの可能性が高くなります。

 

 次に治療方法についてですが、これは皮膚科で治療する以外にも、自分で治療するといった方法もあります。
 自分で治療する方法としては、市販の薬を使う方法が一般的です。また、それ以外にも、ニキビを潰して芯を取ってしまうという方法もあります。従来は芯を取る事は良くないとされていましたが、現在ではニキビの状態によっては芯を取ったほうが早く治る場合があるとされています。
 ただし、これを行なって良いのは黒ニキビのような初期のニキビだけです。赤ニキビまで進行していると、かえって悪化させる場合があるので、下手に触らずに皮膚科を受診したほうが良いです。 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】