ビニール肌 ニキビ

ニキビとビニール肌

 世の中の女性は、透き通る艶のある肌を憧れ、日々お手入れをしています。
しかし、あまり知られていませんが、一見すると艶肌でもお手入れのし過ぎで肌の角質層が削られ不自然な艶肌になっていることがあります。
そのような状態を「ビニール肌」と名称します。

 

ビニール肌を確認するには、少しの刺激でピリピリした痛みを感じたり、赤くなったり、やがては赤みやかゆみ、ピリピリ感が引かなくなっていたります。
また、肌のキメが見当たらなく、洗顔後に顔がつっぱる、洗顔後タオルで拭いた後でもツヤツヤテカテカしている場合は、要注意です。
特に鼻や頬に起こることが多いです。

 

では、ビニール肌の原因は何なのでしょうか?
原因の一つは、間違ったスキンケアです。
洗顔時に顔を強く擦ったり、濃い化粧を長時間落とさなかったり、クレンジングで必要以上に油分をとってしまったりです。
もう一つの原因は、角質層の異常です。
角質層のターンオーバーが正常に行われないためにおこります。
そのような場合の肌は、通常ニキビや肌荒れの状態になっています。
ニキビや肌荒れの状態の肌は、ターンオーバーが早すぎるあまり未熟なままで角質を形成します。同様に角質を落とす分解酵素も十分に分泌されないために、未熟な角質が重なってしまうのです。
もう一つの原因は、ピーリングのやりすぎで肌の角質をはがしてしまってる場合です。そのような状態の肌は、とても薄くなっています。

 

ビニール肌の改善方法は、洗顔やスキンケア方法を見直し、やさしく肌をケアすることです。
また、スキンケア商品は、防腐剤無添加のものを選ぶと良いです。
化粧も薄くし、クレンジングオイルは使わず、洗顔後もベタベタ感が残るくらいに油分を残すようにします。
思い切って今使っているスキンケア商品を一時中断するのも方法です。
角質層が薄くなっているのなら、スキンケアを中断して角質を厚くするのも方法です。

 

このようなことは、時間をかけてよくなっていきます。、 

 

 

トップページへ【頑固なループニキビを28日間で完治させる方法】